チャットレディーの開業に必要な開業届けとは?

まず、チャットレディーとして開業するには、開業届けを用意して、必要事項を記入し、税務署に提出する必要があります。

 

開業届けの入手方法

開業届けの入手方法には、直接税務署の窓口でもらう方法と、国税庁のサイトから開業届けの用紙を自分で印刷する方法があります。
WEBで「開業届け」で検索すると、国税庁のサイトが出てきます。

 

開業届けの記入方法

開業届けの記入事項は、住所・氏名・マイナンバーなどの個人の情報や職業・所得の種類・開業日・屋号などを記入します。

 

注意点
記入が終わったら、捺印と本人確認書類の添付を忘れないようにして下さい。
また、ご自身の控えの用紙に税務署の受領印が押されているか確認をして保管するようにして下さい。
事務所を契約する時の証明や資金繰りが必要になっった時の証明に必要になる場合がありますので。

 

開業届けの提出と注意点

開業届けと同時に、「青色申告承認申請書」の提出も忘れない様にしましょう。
提出しておかないと、青色申告控除が受けられないので。

 

又、開業する前に個人の状況によっては、開業せずに雑所得として申請したりすることも出来ますし、扶養の範囲内で働きたい場合には、開業しない方が良いでしょう。(所得税や住民税がかかりません。)

 

事業所得として認められる条件は、お仕事が独立・継続・反復して行われることが条件になりますので、お仕事が継続できる見込みがついた時に開業された方が良いです。
事業継続が困難になった時に廃業届を出さなくてはなりませんし、手間もかかるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る